読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりH君のヲタ日記

平成4年式の「ゆとり」がいろいろやってみるよ!

※悲報、XT500死ス

f:id:Cozy1998:20160709204458j:plain


おお、えっくすてぃーよ。
しんでしまうとはなさけない。


…はい、表題の通りXTのエンジンがかからなくなって乗れなくなりました。
しばらくはカバーでも被って寝てろー!


原因は点火系でしょう。
ジェネレータ?コンタクトブレーカー?プラグコード?
疑う箇所は色々あります。


幸い、大阪の自宅でかからなくなったのでツイていました。実家だったら工具もあったのでよかったのに…(ブツブツ)


前兆は前回の記事の温泉ツーリングでも書いた失火現象でした。
直ったと思っていましたが再び牙を向いてきました。くぅー……


さて、こやつを直さないことには実家に帰る度に電車で帰らなければなりません。
やはりX(T) JAPANの会長たるもの、XT500に乗り続けなければなりませんので。


というわけで、まずは無理やりエンジンをかけてみます。
普通にキックしては全くかかる気配がありません。
しからば押しがけじゃあーーオラオラオラオラオラオラオラオラオラー!!
ボッ…ボッボッボッー
おっ!キタキター♪ポスッ…


…この後何度も押しがけしましたが、エンジンがかかりこそするもののアイドリングしません。
発電不足?ジェネレータ故障?
押しがけしまくってたせいで汗だくです…



次はプラグコードを疑ってみます。
手で簡単にコードからキャップが抜けるぐらいなのでここも怪しいと睨んでいました。
なのでコードを少し切ってみます。
が、変化無し。。マジかよ。。。


最後は、イマムラ師匠に連絡して処置方法を教えてもらいます。
まずはコンタクトブレーカーから点検しろとのことでした。
が、大阪の下宿先には工具が何一つあーりません。

家の近くの100円ショップに走って、ドライバー・六角レンチ・サンドペーパーを買います。


※写真が全然無いのは我を忘れていて撮る余裕が無かったためです。


とりあえずエンジン右側の一部を(分解)バラします。


f:id:Cozy1998:20160709211826j:plain


こんな感じの部品が顔を出します。
メカメカしくてカッコイイー?


とある部分をサンドペーパーで軽く磨いてー、ついでに点火時期を早くしてー…と色々やってみましたが、結論から言うと治りませんでしたww
オーマイガ~……


アカン、これテスターとか工具が無いと絶対無理やぞ…
はい、今日はもう諦めました。
もう身体がフラフラ~


工具を揃えて再度チャレンジです!


続きは乞うご期待を!?