読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりH君のヲタ日記

平成4年式の「ゆとり」がいろいろやってみるよ!

Ludwig LM400のスナッピー交換と再チューニング

先日作り上げたLudwigのLM400スネアですが、実際にスタジオで使ってみると色々な不満点が出てきたのでカスタムし直します。

 


f:id:Cozy1998:20170129083054j:image

 

大きくはコイツかな。

スナッピーと呼ばれるもので、スネアドラム特有の「ジャラッ」という音を出すために必要なパーツです。

各種メーカーから様々な種類のスナッピーが出てますが、Ludwigのスナッピーはやや金属質な響きが強い気がします。

それがLM400では胴が浅いためなのか、スナッピーの音の方が目立つのでなんとなくまとまりの無い音のように思えてきたので交換します。

あとは、反応の鈍さですかね。

ヘッドを叩いてからスナッピーが鳴るまでタイムラグがあるように思えたので、反応がイマイチだなあと。。。

スーパーセンシティブ LM411の反応は素晴らしいものがあったので、同じメーカーということで幻想でも抱いていたのでしょうか……?

 

 

上記の不満点を解消できるかは分かりませんが、ネットで評判のいいPuresoundのP-1420というスナッピーにしてみました。

ひと昔前だと安くても4000円ぐらいしてたような気がしますが、今は2000円ぐらいで買えるようになりました。

サウンドハウスさんおおきにー♪

 

 

コイツの特徴は、全面がキレイに平行に裏面ヘッドに接してくれるところにあります。

Ludwigだとスナッピーのハンダされてる部分が若干浮き上がってしまっていたので、もしかしたらこれが反応の良し・悪しに影響していたのかもしれません。

さらに、持った感じですがエンドプレートが少し重めに作られてるのでこれも反応速度や音のまとまりに影響してくるのかもしれませんね。

 


f:id:Cozy1998:20170129084630j:image

 

で、取り付け完了です。

(内面当たりスナッピーは毎回苦労するんよなあ~)

なんとなくの予想ですが、以前の「タンッ」から「スダンッ」ぐらいの音の違いがありそうです(分かりにくい?)。

なんにせよ、高域が少し抑えられて低音が出る方が好みなんですわー。

 

あとは、チューニングも若干ですが打面側のピッチを下げました。

やはり、浅胴のスネアはハイピッチは苦手なようです。

ま、これも個人の好みかな?

 

 

さあ、これで準備完了です。

今日は大阪梅田で10時から友人とスタジオinなので早速試してみましょー。

 

 

では、荷物をまとめて行ってきまーす。